ハーブ検定・資格取得

ハーブ資格の検定試験

メディカルハーブ検定の試験は、特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会が運営しているハーブの資格試験で、医療・福祉・介護関係で働く人達にも人気の検定です。

 

ハーブにすごく興味があって、メディカルハーブ検定を受けたいんだけど、「いったい何から始めていいか分からない・・・」、「試験に向けてどんな勉強をすればいいの?・・・」といった方は多いと思います。

 

ハーブ資格の検定は、筆記試験(ペーパーテスト)のみで実技試験はなく、全てマークシート方式なので解答しやすくなっています。そのため基本、ほとんど暗記での対応になってくるため、繰り返しコツコツと覚えていくことが大切で、合格する確率が最も高い勉強法といえます。

 

ハーブ検定のテキストを買って学習するわけですが、やっぱり独学だと不安があると思います。かといって、専門の学校に行くとなるとお金もかかるし、時間もかかるし・・・

 

そこで、短期間で集中して勉強でき、合格率UPを目指すなら通信講座でしょう。テキスト以外に、様々な種類のハーブセット付きだから、実際にハーブを使って楽しみながら学習を進められるからです。

 

 

 

 

メディカルハーブ検定講座

 

メディカルハーブ検定は、近年、受験者数が急激に増えている人気の資格!メディカルハーブ検定講座ならユーキャンです。

 

わずか3ヵ月という短い期間で、幅広い知識を得ることができ、ハーブ検定の合格率がアップします。ユーキャンのメディカルハーブ検定講座は、試験団体の公式テキストや検定対策グッズ付き。

 

さらに、検定に出題される15種類のハーブを含めた、21種類のハーブセット付きだから、ハーブを楽しみながら学習でき、勉強していくことで、合格力が身につくカリキュラムとなっています。

 

なお、メディカルハーブ検定は、出題傾向や試験の内容については公表されていないのが特徴となっています。そこで、ユーキャンでは日本メディカルハーブ協会認定の公式テキストの他に、ユーキャンオリジナルのハーブ検定対策BOOKをご用意。

 

試験の予想問題もついているので、独学では不可能といえる試験に必要な知識がしっかり身につき、安心して本番の検定に望むことができるでしょう。

 

メディカルハーブ検定は、年齢や性別などの受験制限は一切なで、誰でも気軽に受験可能となっています。講座を通じて身につけたハーブの知識を検定で存分に発揮してください。

 

 

 

 

メディカルハーブ検定試験の日程

 

ハーブは料理のスパイスや民間療法で使われる香草を意味し、日本でも、ミントやパセリ、ハイビスカスといったものが、料理やお茶などで利用されています。

 

その他にも、見た目にも爽やかな色の美しい種類から抗菌や消臭作用がある種類まで、いろいろな種類があります。そのため、近年では、料理以外にも、インテリアやデオドラント効果としても利用されるようになりました。

 

 

玄関、お風呂、ベランダ、キッチンなど、生活の中のさまざまなシーンに役立ち、オシャレな料理を作ったり、手作りコスメを作ったり、生活に活かせるハーブをこの機会に、ぜひ始めてみませんか?

 

メディカルハーブ検定の試験の日程は、年2回、例年3月、8月に実施され、検定の申し込みは誰でも簡単にできます。2012年の第11回検定では1500名以上の人が受験。

 

はじめは、東京のみでの試験開催が、今では全国8会場で受験が可能になったため、ハーブ検定合格のチャンスは広がっています。是非、気軽にチャレンジしてください!

 

メディカルハーブ検定試験日程

試験時期

年2回 (例年3月、8月)

試験形式

マークシート方式(60問)

受験資格

年齢・性別関係なく、誰でも受験できます。

試験実施場所

札幌・仙台・東京・金沢・名古屋・大阪・広島・福岡
(全国8会場 2013年8月実施)

受験料

6,300円(税込)

実施団体

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会